練馬区栄町敬老館
トップページ > 練馬区栄町敬老館 > 練馬区栄町敬老館 > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/09/06 16:05

この道具は何に使うでしょうか?

ヒントは写真の中にあります…

答えは…畳職人さんの生命線とも言われる【しきこみかぎ】です。

カーブした針の先で敷きこんである畳を引っかけて上げたり、

運搬する時に便利な道具だそうです。

職人さんたちが15分ほどで、次々と30畳ぶんの畳を運び出してくださいました。

日に焼けたイグサの色の違いが、3年という時間の経過を感じとれます。

 

3年分の塵を掃き掃除して、新しい畳を待つのみ!

明日の午前中の講座が始まる頃には、新しい空間へ様変わっている予定です。

ページの一番上に戻る